Tweet Share Share on Google+
今回のMICAM展(2010年春夏)は、ここ1,2年位の傾向が大きく広がったり、手を加えられたりした様子となっています。
スニーカーなどは、やはり以前よりさらに増えたと思います。これまでコンバースなど含めたバスケットやテニスタイプのスニーカーの提案が主流だったのが、今回はクラシックなジョギングやランニングタイプのスニーカー(厚めのスポンジソールでアッパーにナイロン生地が多く使われた感じ?)が新たに加えられていました。ポップでカラフルな配色からモノトーンのシックなもの、そしてハイカットなど、スポーツブランドのナイキやニューバランスなどとも確実に差別化できる雰囲気でした。個人的には、こういったスタイルのスニーカーは普通のカジュアルウェアーに合わせてしまうと、お洒落に見せるのが難しいと思うのですが、極スポーティーな服装(スポーツブランドのパンツなども)や、春夏ですのでスポーティーなショートパンツなどと合わせて履きこなせば男性でもカッコよく見せることが出来るでしょう。
今春夏に大人気だったデッキシューズは来期ももちろん、夏の定番としても数多くラインナップされていました、素材には今までにあまり使われていなかったようなソフトなレザーやパンチングされたものハイカットモデルなどモード感あふれるものが新鮮でした。定番のオイルレザーやスエードもまだまだありました。そのデッキシューズの白いゴムソールを使ってスリッポンタイプの靴が多く作られていたのも傾向のひとつでしょうか。白いソールはレザー製の物もちょくちょく見られました、スエードの靴との組み合わせがベストですね。
もう一つの夏の定番ドライビングシューズもイタリアでは相変わらずの人気アイテムですが、前回よりは露出が少なかったでしょうか、カラフルさが抑えられ少しくすませたカラーリングが増えていました、レザーは前回圧倒的にスエードでしたが来季はスムースと半々くらいでした。あの独特なイボイボのゴムソールが持つ雰囲気がカジュアルシューズとして新鮮に感じられました。
注目のドレスシューズですが、今回も注目すべき大きな傾向はないと思います。デザイン的にUチップが増えていたような感じでしたが流行とまでは言えません。
一部で濃淡差のコントラストが強めのアンティーク仕上げ(ベージュから→濃い色)されたレザーの提案が気になりました、コンビシューズに近い雰囲気ですね。
もちろんビジネスには向きませんが、カジュアルで使ったり遊びの夏スーツにはいいかもしれません、某有名イタリアファッションブランドのスタッフたちも注目していましたよ。ドレスシューズでもパンチングされたレザーは、多く使われていました、ちょっとクタッとした雰囲気の靴に合っているように思います。
全体的には大きな傾向が洗練されるような時期でしたので、完成度の高い靴が多く個人的に欲しいものが沢山あって目移りした状態でした。
ドレスシューズに関しては安価なメーカーであってもモード色の強い所なら、木型とデザインとのバランスも良く素材感も気が利いた革を使っていたり、とてもお洒落で使いやすいだろうなと思わせる靴が多いように感じられました、ラウンドトゥの木型は数多くのバリエーションが新たに提案されており、万人向きではありませんが締まるところのしまったフォルムと言うか、日本人の靴好きやアイビー世代の方々が好みそうな木型の靴も多かったんじゃないでしょうか。
今回の展示会では出展者の方々の表情が前回よりは穏やかに感じられました、彼らは長びく不況に対して前向きな気持ちに切り替わったからでしょうか、いつまでも景気が悪い悪いとばかり言っていられないのでしょう。
彼らは原点に返ったように本来自分たちの工場が得意とする靴のスタイルを完璧に仕上げて勝負してきました。
まだまだヨーロッパの経済状況も悪いはず、工場の閉鎖も多いと聞きましたし東欧周辺諸国などへの外注など気になる要素も多いですが、明るくチャーミングなイタリア人がクリエーションし、彼らが作り出す靴が私はやっぱり好きだなと深く感じました。
2009年 9月

ミラノ中心街写真

一番上:下左側 デモ行進を見守る警官隊、手前の電話の女性は何を訴えているんでしょうか。下右側 モンクレーはイタリアでも大人気,小さなお店は混雑するとこのように外でまたされます、一昔前だとプラダのお店がよくこのような状態になっていました。

二番目:ブラックレザーにシルバーの鋲、アクセントにレッドカラー、とってもクールでカッコイイ!
今年はプラダのメンズでも鋲を打った靴が出ていますが丸いフォルムが私には???
こんなシャープな靴のほうが合うような気がします。

三番目:ジョルジョアルマーニもキルティングレザーのスニーカーをディスプレーしていました、ヒスゲートでも今季はSIDE AIRのスニーカーでやってます。
ポップなイラストが描かれたものや転写プリント、ウール生地を使ったスニーカーなどもトレンドかも。
スプリングコート(スニーカーブランド)の展示場でもウール素材を部分的に使ったボタンドハイカットのお洒落なスニーカーブーツが出品されていました。

四番目:ボルドーや深みのあるレッドカラーが今秋冬は気になります、コーディネートのポイントに。

五番目:多く連なったバックルの飾りは今年の流行でしょうか、ペプシのCMで山田優が履いているバルマンのブーツもバックルが印象的ですよね。

一番下:ラウンドトゥにゴム底の組み合わせ、懐かしくもありますがこんな靴がまた新鮮に感じられてきました。下左側の写真は、展示会中の空き時間に取引先のメーカーにてハンドソーンの手解きを受けているところ。見た目、まったく様になっていません、私には職人の仕事は向いてないかな〜。こんなに手間がかかってたいへんなら値段が高くて当たり前でしょう。








06-6533-6590

※商品のカラーはコンピューターの性質上、実物と異なる場合があります
あらかじめご了承下さい。