Tweet Share Share on Google+
RUNIC
3143 イタリア製 \66000+Tax
* 色、素材感、アンライニングな所や踵に施された横一文字のスキーモックステッチ、一部ピンキングにカットされたレザーなど限りなくアメリカンなディテールで製作されたコインローファー。「かなり分かってるな」的仕業はさすがイタリア。
バスやコールハーンを思い出す方も多いかと思いますが、クォリティーは全く別モノ。ぺニーローファーとも呼ばれている靴ですが、イタリアの靴業界では、よくカレッジローファーとネーミングされています。
このモデルの最大の特徴は、ハンドステッチのモカ縫い。この部分はマシンを使って縫う方法や、あらかじめ縫い穴を開けておいて手縫いする方法もあります。そして一番高価で手間のかかるのがオンザラストの状態で一針一針縫うごとに穴を開けていく方法です。これが出来る職人はイタリアでも少ないうえに技術の高い熟練者となると世界中でも限られます。しかし技術の高い職人にやって貰ってこそ意味があります。やはり専門のスペシャリストだと出来上がりの雰囲気が違います。その上この靴は、モカ縫いの革をあわせる部分にレザーのパイピングをはさんだ仕様になっており、より美しい仕上がりが唯一無二。
このような見える部分の高い職人技には惜しみなく対価を払いたいですね。
今年は、グッチなどのラグジュアリーブランドからもアメリカンなカレッジローファーが売り出されています。
若い人たちや女性などには少し前から注目されていたスタイルですが今年からは、大人の男性にも旬なモデルとして履いて頂きたいと思います。
やっぱりこういった靴は、大人の貫禄でこなしてこそカッコいい。








06-6533-6590

※商品のカラーはコンピューターの性質上、実物と異なる場合があります
あらかじめご了承下さい。