Tweet Share Share on Google+
STAU
s151 イタリア製 \23000+tax
* ヒスゲートのホームページをずっとご覧いただいている方は、お気付きかと思いますが、注文を入れるメーカーにこのスタイルのスニーカーがあれば必ずオーダーします。理由は、とにかく私が好きなデザインだからです。
20代の頃は、コムデギャルソン、ヨージヤマモト、ポールスミス、ケッズ、トレトンなど毎年のようにこの手のスタイルのスニーカーを買い続けていました。だいたい夏場に素足で履いていたので、2シーズン目にはちょっと内側がダメになってしまうような感じだったと思います。今のように素足で履いているように見えるソックスもなかったのでもったいない気もしますが、好きなデザインなのでいろいろと履きたかった事もあるかもしれません。そしていろんなブランドを履いてみて思っていたのは、「なぜソールが薄いのしかないのだ」ということでした。トレトンだけは、スポーティーなインソールが入っていて、少しだけソールが厚めに感じましたが、理想に比べれば全然ダメ。レザーシューズを合わしている服装のままで合わせたいときもあったので、ちょっとボリューム感が物足りないというか、質感が合わないというか…コーディネートした時にちょっとした違和感がありました。当時は、レザーを使ったこの手のスニーカーすらなかったと思います。その点このスニーカーは合格。
写真で確認していただけるかどうかわかりませんが、かかと部分と甲の切替え部分のパイピングにシルバーカラーのレザーが使われ、それに合わせてペインティングの色にも白とシルバーが使われています。このペインティングは、デニムのように少し履き込んで全体に馴染みが出たくらいで雰囲気が良くなってくるものです。
ヒスゲートがチョイスしたSTAUのスニーカーは、どのモデルも上質のレザーを使用してしっかりと作られており、春夏のシンプルな服装に程よい大人のカジュアル感と洒落た遊び心を添えてくれるデザインです。








06-6533-6590

※商品のカラーはコンピューターの性質上、実物と異なる場合があります
あらかじめご了承下さい。